気を付けて!目のSTD淋病
目

STD(性感染症)は性器以外の粘膜から感染する可能性があります。

目の淋病は目薬で治療可能か

淋病とは淋菌に感染する事で発症する病気です。
淋病というと性器から感染するものが有名です。
しかし、淋菌はあらゆる粘膜に付着して感染するので、粘膜のある部分ならばどこでも感染の可能性があります。
その中でも有名なのが、目への感染です。

目も粘膜に覆われている部分なので、そこから感染して淋病になる場合があります。
感染する原因としては、タオル感染があります。
タオル感染とは、淋病に感染している人が使って淋菌が付着したタオルを、そのまま使って感染してしまう事です。
タオルが直接目に当らなくても、タオルから手に淋菌が付着し、その手で目をこする等しても感染します。

淋菌が目に感染した際には、淋菌性角結膜炎という病名で呼ばれます。
代表的な症状としては、目やにが止まらなくなる、目の腫れや充血等があります。
最悪の場合には失明の恐れもあるので、早めの治療が大切です。
目の淋病は症状が比較的早く出てくるので、違和感を感じたらすぐに眼科を受診するのが賢明です。

治療方法についてですが、よく目の淋病は目薬で治療可能かという質問を耳にします。
しかし、この病気は体内の淋菌を除去するために、抗菌剤や抗生剤を注射や内服薬で投与しないと治らないので、目薬で治療する事は不可能です。