気を付けて!目のSTD淋病
目

STD(性感染症)は性器以外の粘膜から感染する可能性があります。

感性症の中でも心配になる淋病

激しい排尿痛で苦しんでいる男性感性症の中でも心配になる病気の一つが淋病です。淋病は、淋菌の感染によって引き起こされる感性症です。主に男性は尿道炎、女性は子宮頚管炎を引き起こします。放置することで体の奥に向かって感染が広がっているため、男性は精巣上体炎、女性は卵管炎、腹膜炎、肝周囲炎を引き起こすため心配されやすい感性症です。近年では、オーラルセックスによって咽頭への感染が増加しています。
淋病は、性行為やそれに類似する行為によって感染するのが通常です。1回の行為で約30%の割合で感染するほど感染力が強いです。また、性行為以外でも家族内感染が見られたケースもあります。
男性は、尿道炎による激しい排尿痛があるため自覚症状がはっきりします。女性の場合は、自覚症状がないことが多いです。しかし、妊娠を希望する女性もしくは妊娠中の女性が淋病に感染した場合は心配です。淋病は母子感染を起こします。分娩時に母体が感染していると産道をあかちゃんが通過するときに母子感染を起こし、淋菌性結膜炎を引き起こします。2、3日で症状があらわれることが多く、結膜炎や角膜潰瘍などを引き起こすリスクがあります。他にも、流産や骨盤内感染症、早産、破水の原因になることがあります。そのため、出産までに完治させる必要があります。
治療では、投薬を行います。薬剤耐性淋菌の場合は、完治までに時間がかかることもあるため、早期治療開始が望ましいです。クラミジアとの同時感染も多いですが、治療薬は異なるため、それぞれ検査や治療を受けることになります。また、パートナーも同時に検査や感染が必要となります。症状がない場合は、感染の予想される性行為などの危険な行為があってから1週間後に検査を行います。治療終了後1週間経過したら完治確認検査も受けるようにします。